【コロナ危機 6つの質問】鈴木寛 東大・慶大教授

新型コロナウイルスの脅威に、学校はどう対処し、どう変わっていくべきか。教育新聞では教育界のキーパーソンやイノベーターらに6つの質問(▽学びの保障をどうするか▽9月入学についてどう考えるか▽新型コロナから児童生徒や教員をどう守るか▽このコロナ危機の教訓、反省点▽学校はどう変わるべきか▽いま学校現場に伝えたいこと)を投げ掛けた。

最終回となる第9回は、元文部科学副大臣で、東京大学と慶応大学で教える鈴木寛教授。学校現場は「逆境と向き合う力を発揮して、ピンチをチャンスに変えていく発想が大切だ」と語る。

(聞き手・教育新聞編集委員 佐野領)

この特集の一覧
コロナ危機 6つの質問

学びの保障 メタレベルを上げて考えよう
――政府の緊急事態宣言の下、全国の学校が長期休校を迫られました。児童生徒の学びを保障するために、どのような取り組みが必要だと考えていますか。
オンライン学習環境の整備や必要な人材を確保してきたかどうかの差によって、学校の間で大きな開きが出てきていることは明白な事実です。この差をなんとか埋めていかなければいけない。それなのに、多くの学校現場が公共哲学的ジレンマにはまっている。「形式的平等主義」から「公正な個別最適化」に頭を切り替えていかなければならないのに、教育界ではまだまだ切り替わっていない学校現場が多い。この切り替えができたかどうかで、学校の間でますます激しく差が付いてしまっているのが現状だと思います。

非常に皮肉なことに、あるコミュニティーの中で平等化を図ろうとして、一番厳しい状況にある人に合わせてしまうと、そのコミュニティー全体が他のコミュニティーよりも遅れてしまう。

これはジレンマです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。