【北欧の教育最前線】お誕生会は一大事!

ノルウェーでは子供のお誕生会は一大イベントだ。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、ノルウェー首相が子供向けの記者会見を開いたが、子供たちの関心事の一つは「誕生会はやっていいのか?」だった。また、ノルウェー公衆衛生機構による感染予防ガイドラインには「誕生会」もトピックに取り上げられている。
風船、ピザ、プレゼント
風船が飾られ、ピザやソーセージ、炭酸飲料が並び、自家製のケーキがふるまわれる――これがノルウェーの誕生会だ。招待客はクラスの全員、あるいは女子全員か男子全員である。みんな約50~150クローネ(約540~1600円)相当のプレゼントを持ってくる。場合によっては、幼稚園時代の友達とのパーティー、親戚とのパーティーなど、クラスの子を招いたパーティーだけでなく、何度も行う家庭もあるという。

筆者も子供の誕生会に参加する機会が幾度となくあったが、どれもにぎやかでカラフルなパーティーだった。お誕生日の子供の家で行われることもあれば、広い公園で開かれることもあった。ノルウェーの住宅は総じて大きいため、大勢の子供を招いても支障がないことが多い。ちなみに、現在は、コロナ感染予防のために、誕生会はできるだけ屋外で行うことが推奨されている。

ティーンエージャーになると誕生会の様子も変化する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。