【26歳の学校改革】アンラーニングする覚悟を

「教育を再定義する」をミッションに、公立高校に独自のプログラムを提供するNPO法人青春基地。現在は東京都と長野県の2つの高校で、教職員と協働した授業づくりだけでなく、学校組織の在り方についても改革を進めている。プロジェクトを中心となって推し進めてきた代表理事の石黒和己(わこ)氏に、生徒や教職員が変容していった過程を振り返りながら、これからの時代に求められる教師像を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
26歳の学校改革

対話を重ね授業をつくる
――授業は現場の教員と協働しながらつくっているのでしょうか。
そうですね。まず、授業を通じて「どんな未来をつくりたいか」「なにを学ぶ時間にするべきか」と対話を重ねながら、ビジョンを描いた上で、年間計画を立てています。

各回の授業は、私たちか先生のどちらかが授業案を持ち寄って、ブラッシュアップする方法をとっています。できるだけ何度も対話を重ねることで、なぜこの学びが必要なのかという背景まで、お互いがしっかり共有するように努めています。

それでも実際の授業は常に再構築の繰り返しで、指導案はあくまでベースにすぎません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。