【Withコロナ】学校は何をすべきか 新井紀子教授に聞く

「Withコロナ」の時代、休校の長期化により、学力格差の拡大をはじめとするさまざまな課題を抱えた学校は、今、何に取り組むべきなのか。日本の子供の読解力低下に警鐘を鳴らす、国立情報学研究所の新井紀子教授にインタビューした。新井教授は、自身が取り組む学校ホームページ(HP)のオープンデータ化を支援する「edumapプロジェクト」を通じて、学校の情報発信の重要性を訴える。


自学自習のスキルの差が顕在化する
――コロナ危機による休校が長期化したため、学力格差の拡大が懸念されています。
新型コロナウイルスの影響という、非常にイレギュラーな形での休校が長期化してしまったことによって、今後、格差が広がっていくことを本当に心配しています。

もともと教室には、自学自習のできる子供と、対面での支援がないと学べない子供がいます。学びの集団の中で周りの様子を見ながら前向きに授業についていっている中間層の子供たちが、教室のボリュームゾーンなのです。特に小学2~4年生あたりは発達段階の違いもあり、自学自習のスキルの個々の差が大きいと言えます。

オンライン授業はないよりはあった方がいいですが、それでスムーズに学べるのはごく一握りの子供でしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。