【学びの未来予想図】オンラインでしかできないことを

新型コロナウイルスの流行による長期の臨時休校を経て、「オンラインの学び」がいろいろな意味で重みを持つようになってきた。そんな中、成績アップも合格も目指さない異色の塾「探究学舎」が、3月の休校直後からネットを通じた学習支援に取り組み、その後もオンライン授業の受講者を急拡大するなど存在感を高めている。アフターコロナ時代に、学びのかたちはどう変わるのか。探究学舎代表の宝槻泰伸さんに聞く。(全3回)
この特集の一覧
学びの未来予想図

――3月初めに休校になった子供向けにYouTubeで講座を無料公開、学びの支援をいち早く打ち出しましたね(注)。即応されたのが印象的でした。
私たちがオンライン化に備えていた理由は2つあって、1つはスケールメリット。東京都三鷹市で教室を7、8年やってきて、小学生を対象にしたプログラムについては、ほぼ最終形態に近づいている実感があります。でもこの先、これを全国各地にコピーしていくのは至難の業です。特に人材面。

先生というパフォーマーを簡単にコピーはできない。採用と研修で、ある程度なんとかなるのかもしれないけれど、そもそも、コピーすることに自分自身がワクワクしない。もっとたくさんの人に届けるなら、オンライン以外にないというのは、前から思っていました。

もう1つの理由は、オンラインでしかできないことに挑戦するため。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。