【学びの未来予想図】目指すのは「オンライン×探究」

臨時休校期間にオンライン授業に取り組んで小学生の受講者を倍増させた「探究学舎」の宝槻泰伸代表は、進学塾などでもオンライン化は不可避だと予測する。加えて目指しているのは「勉強」から「探究」へ学びをシフトさせること。第2回は、成績アップも合格も目指さない塾という異色のスタンスについて聞いた。(全3回)
この特集の一覧
学びの未来予想図

――前回は、オンラインの学びがこれからの教育市場をけん引するというお話でした。
小学生の非受験部門については、うちがトップランナーになると思っています。受験部門、中高や大学受験の進学塾でも同様のことが起こる。なぜなら、オンラインの教育サービスは利益率が高いから。

いま、学習塾の利益率は平均10%と言われています。人件費とか地代とか広告宣伝費とかを積み増していくとその程度。塾講師の平均年収は350万円ぐらいだそうです。ぜひ就職したいという人が、どれくらいいるでしょうか。いま、学習塾業界は、良い人材が集まりにくい、でも人件費を抑制しなきゃいけない。そういう悪循環を抜け出せず、大学生のアルバイトでしのいできた。オンライン化は進むはずです。
――非受験部門と受験部門に分類されているのが面白いですが、まだ非受験部門の塾というのは少数派のように思えます。
私たちは、二重のイノベーションに挑んでいます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。