【パターン・ランゲージ】協働学習のための共通言語

今年度から小学校で新学習指導要領がスタートした。現場での試行錯誤が続く中、「主体的・対話的で深い学び」や他者との協働学習の場面で、より深い学びに導くためのツールとして注目を集めているのが「パターン・ランゲージ」だ。この理論に基づくカード教材を活用することで、学びはどう深まるのか。カードの活用法と現場での実践例を取材した。


「経験の交換」や「認識のメガネ」
パターン・ランゲージは、1977年に建築家のクリストファー・アレグサンダー氏によって提唱された。アレグサンダー氏は、よい建物や町に共通してみられる型(パターン)を言葉で表現・整理することで、建築家とそこで暮らす市民が街づくりについて共通認識を持ち、対話していけるようにしたいと考えた。このパターン・ランゲージで「良い型」を共有するという方法を、実践知の共有や創造的な学びといった人間の行為全般に適用しようと考えたのが、慶應義塾大学の井庭崇教授だ。

井庭教授が代表取締役社長を務めるクリエイティブシフトでは、パターン・ランゲージをさまざまな分野、テーマで制作し、それを使った研修や、使用者のサポートなどに取り組んでいる。教材となるカードには、それぞれのパターンの内容を一言であらわすキーワード(パターン名)とイラストがあり、その下に短い補足説明が書かれていて、実践知の内容を簡単に感覚的につかめるようにできている。現在、この「パターン・ランゲージ・カード」には「ラーニング・パターン」や「プレゼンテーション・パターン」「コラボレーション・パターン」など、製品化されているものだけでも13種類ある。

こうしたカードを使って、どのような活動ができるのか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。