「選択的不登校」に備える 豊福晋平准教授に聞く

子供たちに元気よく学校へ通ってもらいたい気持ちは、教員も保護者も同じ。しかし地域の感染状況を見て、「選択的不登校」を検討する家庭が出てくる可能性がある。それに学校はどう備えるべきか。教育情報化と、学校評価・広報の効率化を実践的に研究する国際大学グローバル・コミュニケーション・センターの豊福晋平准教授に聞いた。


保護者の葛藤
――学校内感染を防ぐためには保護者の協力が必要という状況ですが、現状をどう見ていますか。
3月から始まった一斉休校と外出自粛の生活に、子供も保護者もかなりのストレスを抱えたことと思います。学校が再開されて、子供たちに笑顔が戻ってきたと思ったら、一足先に学校再開を進めていた北九州市で第2波が発生しました。

保護者の多くは学校内での感染リスクと、自宅学習のつらさとをてんびんに掛けるような葛藤が生まれていると予想します。特に高齢者の同居家族がいるご家庭では、学校内でのコロナ感染リスクに対する不安は強い。子供自身は元気であっても、子供を介して同居家族が重症化するリスクは深刻です。

選択的不登校の形をとり、子供の登校を控えれば、子供を介したコロナ感染リスクはゼロにできるものの、仕事をしながら子供に自宅学習させることもまた、保護者にとっては「地獄」です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。