【一斉休校でも学びを止めない】新しい自立的学習者

休校中の自宅学習に苦労した子供たちは多い。学校が止まると、子供たちの学びが止まってしまうのはなぜか。ICTを活用しながらアクティブラーナーの育成に挑戦する東京都小金井市立前原小学校の蓑手(みのて)章吾教諭は、その要因を「学校教育が子供たちを自立的学習者に育てることができていなかったから」と語る。第1回は、蓑手教諭が定義する新しいアクティブラーナーとは、どのような人物像なのかを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
激変の時代を生き抜く 一斉休校でも学びが止まらない子を育成

自ら学び、自らの成長を楽しめる人
――「アクティブラーナー」の定義とは何ですか。
僕は、「アクティブラーナー」とは、「自ら学んで、自らの成長を楽しめる人」だと定義しています。「アクティブラーナー」と聞くと、新学習指導要領にも入っている主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)という言葉を思い出されると思います。

そのため、「自ら進んで学ぶ人」や「主体的に学びに向かう自律的学習者」というイメージを思い浮かべるかもしれませんが、僕のイメージは少し違います。学びに向かっている行動そのものよりも、どちらかというと、自ら学びに向かう動機の方を重視しているんです。

学ぶ理由は、人によってさまざまだと思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。