【一斉休校でも学びを止めない】学校のブラックボックス

自ら主体的に学び、自らを成長させることを楽しめる人。東京都小金井市立前原小学校の蓑手(みのて)章吾教諭は、自身のアクティブラーナー像をこう定義している。本来、子供たちはみんなアクティブラーナーであったはずなのに、学校教育の出口で「勉強嫌いの子供たち」が作られてしまうのはなぜか。インタビューの2回目では、「学ぶこと」について聞いた。(全3回)
この特集の一覧
激変の時代を生き抜く 一斉休校でも学びが止まらない子を育成


学校がつくる子供たちのネガティブな学習観
――なぜ「学ぶことが楽しい」と学校教育で思わせられないのでしょうか。
小学校に入学する前までは、子供たちは「遊び」と「学び」の区別がありません。遊びを通じて学び、同じように楽しめていたと思います。それが義務教育というシステムの中に入ると、小学校卒業までの6年間で「遊び」と「学び」が別のものに区別され、「勉強とは我慢してやるもの。楽しいものではない」という学習観を持ってしまう子が少なくないと思います。

なぜ、このようなことが起こるのか。僕は、学校の教育システムというブラックボックスによって、学ぶことを楽しめない子供たちが育成されてしまっていると感じるのです。

なぜ、大人は子供に勉強をさせるのか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。