【カンボジア編(下)】頑張る教員ほど負担増の不公平さ

ヴィチカー先生
自由に使えるパソコンがない、コピーができない、印刷ができない、道具がない、そもそも理科室がない。休み時間と勤務のない午前または午後は副業。時間がない。給料は1カ月250~300ドル。お金がない。

「ない」ものだらけのカンボジアの小学校に赴任した2018年8月。授業支援に入る学級の授業見学をしていた時に出会ったのが、チアシム小学校5年生担任のヴィチカー先生だった。

この小学校では、教員は毎年同じ学年を担任する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。