「受験生ファースト」は守れたか 大学入試を巡る混乱の経緯

6月19日、2021年の大学入試の方針を定めた「令和3年度大学入学者選抜実施要項」が文科省から公表され、大学入学共通テストでは高3生が2つの日程から選択できること、総合型選抜は昨年から1.5カ月(当初予定から2週間)後ろ倒しとすることなどの方針が示された。

例年、6月上旬に公表されるこの実施要項だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大による休校と学習の遅れを踏まえ、入試日程を後ろ倒しにしたり、出題範囲を縮小したりなどの配慮が必要かどうか、議論が行われてきた。

受験生からは、入試日程が決まらないことへの不安の声や、長引く休校で生活リズムが保てず、受験勉強に支障が出るといった声が上がっていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。