【放課後の学びを変える】大人も学ぶ不思議な学童保育

放課後に子供を預かる学童保育がどんなことをしているかは、意外と知られていない。そんな学童保育の中でも「merry attic」(メリーアティック)は異色の存在だ。埼玉県戸田市で開設してから数年で、沖縄県や東京都にも拠点を持つようになった。メリーアティックが目指す放課後の学びはどのような姿をしているのか、上田馨一(かいち)代表に聞いた(全3回)。第1回では、大人も子供も一緒になって学びを深めるメリーアティックのスタイルに迫る。
この特集の一覧
放課後の学びを変える

わずか4年で学童保育を複数展開
――メリーアティックは今、どのような事業を展開しているのでしょうか。
厚労省の放課後児童健全育成事業、いわゆる学童保育を戸田市と那覇市で展開しています。新型コロナウイルスの影響でまだスタートはしていませんが、今年度から文科省の放課後子供教室の運営にも参加することとなり、東京都葛飾区の小学校の空き教室を使う予定で準備を進めています。その他に障害者委託訓練事業も実施しており、現在は全ての拠点を合わせて約30人のスタッフがいます。

戸田市で最初のメリーアティックを開設したのが2017年なので、まだ3年くらいですが、短期間でこれだけ事業が大きくなったことには自分でもちょっと驚いています。
――メリーアティックは他の学童保育にはないプログラムがあると聞きました。
代表的なものに、音楽のプログラムがあります。音楽をやってみたいという子供たちを集めてオリジナルの歌詞を書かせ、音楽活動をした経験のあるスタッフが作曲をしたり、映像をつくったりしています。

明治大学や東京都立大学のフラッシュモブサークルとコラボレーションして、CDもリリースしました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。