【探究と方法4】探究の振り返りがメタ認知能力を高める(知窓学舎塾長 矢萩 邦彦)

「探究型学習を実践していく際に、大切なのは振り返りである。自分の思考方法を振り返り、経験に落とし込むことで、結果としてメタ認知能力を高めることができる」――。実践教育ジャーナリストで、知窓学舎塾長の矢萩邦彦氏は、こう指摘する。その思考の背景にあるのは、ジョン・デューイの方法論であり、ノーム・チョムスキーの教育論だ。連載第4回は矢萩氏が、新学習指導要領が掲げる「主体的・対話的で深い学び」を実現する方法論として重視される探究型学習について、深掘りした議論を縦横に展開する。
この特集の一覧
探究と方法


想像力と編集力
学校が嫌いな10代を過ごした。偏差値や詰め込みテクニックを礼賛する従来型の学びに、美学も信念もない強制を感じていた。教育以外のキャリアをもたない先生に進路相談をする気にはなれず、進学先の校名にとらわれる同級生とも相いれなかった。

1995年の阪神淡路大震災の翌日、被災者の数で賭けをしていた同級生を目の当たりにした。「日本の教育は失敗している」。何かが間違えていると思った。このことがきっかけになり、教育の世界に飛び込んだ。自分の理想とする教育とは何か、それはどうしたら実現できるのかと探究する日々だった。

その渦中で出会ったのが、イシス編集学校校長の松岡正剛氏である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。