【放課後の学びを変える】学童保育による次世代保障

新型コロナウイルスによる臨時休校で、子供の受け入れ先としての学童保育の重要性が注目されている。埼玉県や沖縄県で民間学童保育「merry attic」(メリーアティック)を展開する上田馨一(かいち)代表に、放課後の学びの場の在り方を聞いた(全3回)。新型コロナウイルスへの対応を巡って、子供を預かる最前線から見えてきた学童保育の未来とは――。
この特集の一覧
放課後の学びを変える

支援とは何かを言語化・体系化する
――これほどまで学童保育がフォーカスされたことは過去になかったと思います。メリーアティックは、この危機をどう乗り越えようとしているのですか。
新型コロナウイルスのピンチをきっかけにCOO(最高執行責任者)的な立場の人が必要だと感じ、以前から共に働きたいと思っていた意中の人に声を掛け、副代表になってもらいました。彼は東京学芸大学に在学中の学生(現在は休学中)ですが、すでに私と何時間もディスカッションを重ねています。

何を議論しているかというと、「メリーアティックとしてできる子供たちへの支援とは何か」についてです。先も見通せない危機的な状況だったからこそ、これを明確にしてメンバー間で共有しなければいけないと考えています。

幸い、メリーアティックは専門性が備わった意欲的なメンバーに恵まれ、新型コロナウイルスで団結力も高まっています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。