米国のインクルーシブ教育 前提の違い

米国での初めての生活
2015年4月から1年間、妻・子供2人(幼児・小学生)とともに米ニューヨーク州シラキュースという街で生活しました。40歳を過ぎて初めての米国です。英語もろくに話せないのに、日本人がほとんどいないという街で生活を始めました。いま振り返ると、かなり無謀だったと思います。

実際、交通事故関係で裁判所に出頭するなど、あたふたな生活でしたが、そんなことはどうでもよくなるくらいエキサイティングなことがありました。それは、米国のさまざまな学校を訪問できたことです。

自分が研究していた大学はもちろんのこと、幼稚園や小学校、定時制の高校など、さまざまな教室に入ることができました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。