【プログラミング教育奔走記】次世代の授業スタイル

コロナ禍における休校で、学校のICT環境の脆弱(ぜいじゃく)さが浮き彫りになった。子供たちの生活はどんどんデジタル化しているのに、学校教育のデジタル化は遅々として進まない。そんな中、小学校の校長を定年退職後、61歳にしてIT業界に再就職し、プログラミング教育普及のために全国の小中学校を飛び回っているのが福田晴一氏だ。「プログラミング教育は、子供たちが未来を豊かに生きるためのリテラシー」だと語る福田氏に、インタビュー第1回は、教員に知ってもらいたいプログラミング教育導入の背景について聞いた。(全3回)
この特集の一覧
プログラミング教育奔走記


61歳でIT関連企業の新入社員に
――校長を定年退職し、61歳で再就職したのがIT業界、プログラミング教育を推進するNPO法人「みんなのコード」でした。福田さんがプログラミング教育に携わった経緯について教えてください。
私の40年にわたる教員生活の最後は、東京都杉並区立天沼小学校の校長でした。この学校は2008年にできた杉並区初の統合新設校で、私は13年4月に2代目の校長として着任しました。

統合新設校ということで、杉並区の教育ビジョンを具体化し、これからの時代のニーズに合った地域立学校のプロトタイプを目指すということで、地域運営学校(コミュニティ・スクール=CS)となりました。加えて、ICTも推進するなど、モデル校的ななかなかすごい小学校だったんです。

ちなみに天沼小では、15年度から5、6年生に1人1台、16年度には4年生にも1人1台のタブレット端末が配備され、各教室にはCisco(無線LAN)のアクセスポイントがありました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。