【プログラミング教育奔走記】今までとは違う授業改善

今年度から小学校でプログラミング教育がスタートした。これまで全国各地で導入準備が進められてきたが、指導者の養成やICT環境の整備面で、十分ではない学校や地域も多いのが実情だ。公教育のプログラミング教育を推進するNPO法人「みんなのコード」の指導者養成主任講師として、全国の学校で研修を実施してきた元小学校長の福田晴一氏は、どのような形でプログラミング教育の普及を進めてきたのか。インタビューの2回目は、プログラミング教育によって変化する授業の在り方や子供たちの姿について聞いた。(全3回)
この特集の一覧
プログラミング教育奔走記

プログラミング教育を進めるために
――公教育のプログラミング教育を推進するNPO法人「みんなのコード」の指導者養成主任講師として、どのようなことをされてきたのですか。
愛媛県や島根県、鳥取県、岡山県、神戸市、尼崎市、大阪市、奈良市、仙台市、横浜市など、この2年間で全国各地の教育委員会や学校を回り、研修を行ってきました。

同じ所に、およそ年4回ほどは研修に行きます。最初はプログラミング教育がなぜ必要なのか、導入の背景について話をして、以降は、簡単なプログラミングソフトのViscuit(ビスケット)やScratch(スクラッチ)などを実際に先生たちにやってもらったり、模擬授業をしてもらったりします。

研修のポイントは、とにかく童心に返って体験してもらうことです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。