教える人から伴走者へ スタディサプリで変わる教師像

新型コロナ危機下で、スタディサプリが一気に躍進した。司令塔であるリクルートの山口文洋執行役員は「新型コロナ危機の前と比べて、新たな導入校は2倍になった」と胸を張る。これまで全国の高校の約5割が導入していたが、3月から5月末にかけては小学校から高校まで、さらに600校以上、約30万人も利用者が増えた。スタディサプリでは児童生徒が自身の習熟度に合わせて利用できる学習動画や練習問題などに加え、教員向けに宿題配信や進捗(しんちょく)管理、コミュニケーションの各機能が利用できる。これまで、知識を教えることが中心だった教員の役割は、メンターやコーチのような「伴走者」へと変容するかもしれない。スタディサプリが変えうる学校や教員の姿について、山口氏に聞いた。

非常時、豊富な授業動画が受け入れられた
――新型コロナウイルスによる休校を受け、スタディサプリは大きな支持を得ました。
学校現場に受け入れられたポイントは3つあると考えています。まずは授業の動画が豊富にそろっていたこと。今回の休校で、先生方も双方向の授業にチャレンジされていましたが、30人や40人のクラスを相手に双方向の授業をするのは至難の業です。

普段は先生が自身で授業をして、その後の練習問題をスタディサプリで行うというスタイルが一般的でしたが、今回のような非常時には、授業もスタディサプリの動画を見て、関連した内容の練習問題をするというスタイルが4月以降、多くの学校で広がりました。

それから、先生と生徒の双方向コミュニケーションのインフラになったことです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。