【北欧の教育最前線】イスラーム学校に向けられるまなざし

スウェーデンやデンマークでは、ムスリムの子供たちが通うイスラーム学校が20校近く運営されている。初めてのイスラーム学校が設立されてから20年以上たつ中で、学校は地域住民との関係を築きながら運営を続けてきた。だが、政治やメディアにおいて、イスラーム学校はしばしば批判の対象になってきた。何が問題とされ、どのような論点が提起されてきたのだろうか。


公教育制度の下で運営
まず、イスラーム学校の法的基盤を確認しておこう。イスラーム学校は、各国の公教育制度の下で運営されており、デンマークやスウェーデンではフリースコーレ/フリースコーラと総称される非政府立学校のカテゴリーに含まれる。日本では「私立学校」に相当する。北欧以外では、オランダや英国などでも数十校のイスラーム学校が運営されている。

公教育制度の下で運営されているということは、2つのことを意味する。1つ目は、学校運営のために公費が充てられるという点である。デンマークとスウェーデンのフリースコーレ/フリースコーラは運営費の大半が公的助成によってカバーされるので、イスラーム学校も同様の対応となる。

2つ目は、公教育制度が定める所定のカリキュラムや学習指導要領に従う必要があるという点だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。