【戦略的国外逃亡のススメ】旅しながら学ぶ新しい高校

昨年4月、画期的な学習スタイルの高校「インフィニティ国際学院」が誕生した。特定の教室を持たず、生徒は世界中を旅しながら、現地の人や文化に触れ、グローバルな視点を身に付ける。同校を立ち上げた大谷真樹学院長はこれまで、「日本の学校教育の停滞」について苦言を呈してきた。そんな大谷学院長に、コロナ禍で日本と海外の教育レベルの差が浮き彫りになった今、日本の学校教育はどこに向かうべきなのかを聞いた。(全2回)
この特集の一覧
戦略的国外逃亡のススメ

「どうしたらいいですか」が口癖の若者
――以前から、日本の学校教育の在り方に苦言を呈されていますね。
2年前の2018年3月まで八戸学院大学の学長として6年間、日本の若者たちと身近に接してきました。そうした経験の中で、日本の若者たちが想像以上に危機的状況に置かれていると感じました。就職がゴールになっていて視野が極端に狭く、「大手企業への就職」「公務員」「資格試験」といった数少ない選択肢しか見えていない――、そんな姿にがくぜんとしたのです。

私たちが若いころはネットが今ほど発達しておらず、みんな海外の情報に飢えていて、チャンスがあれば外に出て行きたい人が多かったように思います。しかし今の若者は内向きの傾向が強い。

もちろん海外に目を向ける子もいますが一部にすぎず、特に地方の学生は内向きの傾向が強いと感じます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。