【戦略的国外逃亡のススメ】日本型教育からの脱却

特定の教室を持たず世界中を旅しながら学ぶ高校、インフィニティ国際学院。この学校を自ら立ち上げた大谷真樹学院長は、コロナ禍で混乱する学校現場に向けて、海外の学校情報の発信や、教師向けのコミュニティーの立ち上げなどの活動を積極的に展開してきた。「日本の教育の混乱から身を守るには、戦略的に国外逃亡して世界級の視野と経験を身に付けよう」と子供に呼び掛ける大谷学院長に、これから日本の学校と教師は何を目指すべきなのかを聞いた。(全2回)
この特集の一覧
戦略的国外逃亡のススメ

反転授業がさらに加速化
――コロナ危機により、学校現場は誰も予想していなかった事態に陥りました。
私もこんなことになるとは予想していなかったので、最初は混乱しました。ただ、今こそ、日本の変化できない教育を変えるビッグチャンスだと考えています。今年、来年と、しばらくはコロナと共存していかなければなりません。学校現場はさまざまな手段を使って、「学びを止めない」を実現させる必要があります。

その1つがオンラインの活用です。これまでの学び方といえば教室での一斉授業が当たり前でしたが、今回を機に個別最適化が加速していくと思います。私学の進んでいる学校では全面的にオンラインに移行して、反転授業が行われています。最初にアプリや動画で基礎を学んだ上で、それぞれの学びをシェアする方法です。以前から理想とされてきた反転授業ですが、学校でオンラインが多用されるようになって、より広まっていくでしょう。

ですから、今回のコロナ禍は決して悪いことばかりではないと前向きに捉えるようにしています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。