【人生の扉を開く起業家教育】育てるのはマインド

子供たちに、チャレンジ精神や創造性を育むと言われる起業家教育。20年以上前にその有効性に気付き、地方の学校で実践し始めた大西正泰氏。徳島県や大阪府などの小中高校で教鞭(きょうべん)を執った後、退職して自らが起業し、起業家支援や地方を活性化させる「街づくり」に従事してきた。コロナ禍で一層不透明になった混乱時代を、子供たちはどのように生きていくべきか。起業家教育の第一人者である大西氏と共に、これからの子供たちに求められる「起業家マインド」を考える。(全3回)
この特集の一覧
人生の扉を開く起業家教育

求められる自分で正解を作る力
――そもそも、なぜ起業家教育に着目したのですか。
私は社会科が専門です。教師を目指していた学生時代から、社会科を子供たちに教えるそもそもの目的について考えてきました。その一つとして、よく「市民を育てる」ことが挙げられますが、ではこの「市民」とは誰なのでしょうか。

例えば、自分の住んでいる地域の市民という意味では実態がありますが、社会科教育では、科学的な判断と意思決定できるという想定が「市民」でした。だから、目標としては分かるけれども、リアリティーに欠けると思いました。たどり着いた答えは、子供たちが社会に出た時、どんな仕事や役割についても必要になるリアルな力を育むことでした。

社会科の授業でその力を身に付けるためには、「なぜ」という疑問を入り口に、知りたいことを詳しく知っていく過程を大切にします。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。