【探究と方法5】リベラルアーツ教育のモデルとしての、「編集知」の世界(松岡正剛事務所ディレクター 太田 香保)

新学習指導要領が重視する「探究」とその「方法」を考える当連載。第5回を担当する松岡正剛事務所ディレクターの太田香保氏は、「編集知」を取り上げる。なんらかの特質や特徴によって情報を分類整理する「分類知」に対して、「編集知」はそれまでになかった情報の組み合わせによって、新しい関係性や意味やイメージを発見し、創出していく方法的知識だという。STEAM教育の「A」として注目される先端的リベラルアーツ教育は、本来こうしたクリエーティブなアプローチによって成立する学びではないか。
この特集の一覧
探究と方法

松岡正剛の本棚が「編集」の入り口だった
「松岡さんの事務所に行ったら、本棚をよく見て学びなさい」。慶應義塾大学の図書館員だった私を松岡正剛のもとに編集見習いとして送り出してくれた、図書館長の衛藤駿先生(東洋美術教授)からいただいた、はなむけの言葉である。

当時、麻布のマンションの一室にあった松岡事務所は、果たして客間もワークルームも壁面いっぱいに本棚が組まれた迷宮のようで、そこには私が習熟していた十進分類法とはまったく違う方法によって本が配列されていた。

ある棚では世界史の本と神話や物語の本が経糸(たていと)と横糸の織物のように緻密に構成され、ある棚では宗教と生物学、デザインと情報学といった異なるジャンルの本が相並び拮抗(きっこう)しあっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。