【教員のメンタルヘルス】コロナ危機下の不調に要注意

長い休校期間を経て学校現場が動き始めてから、およそ2カ月が経過した。夏休みの短縮や制限のある学校生活、校内の消毒作業など、以前からは想像もつかない新たなスタイルの学校運営が求められている。児童生徒たちへの影響もさることながら、この混乱下で奮闘し続ける教職員のメンタルヘルスも悪化が危惧されている。自分自身ではなかなか気付きにくいメンタルの不調。コロナ禍において、子供たちの学校生活と教職員の心の健康の両立に向け、何をするべきなのだろうか。

東京都教職員互助会三楽病院でメンタル不調を抱えた教員を診察する真金薫子精神神経科部長と、教職員のメンタルヘルス対策に注力する東京都品川区の義務教育学校、品川区立豊葉の杜学園に話を聞いた。
この特集の一覧
Withコロナの学校 教員のメンタルヘルスは今

ストレスのトップは「感染への不安や緊張」
新型コロナ感染対策をしながらの学校運営について、教職員の心身への過度な負担が懸念されるとして、文科省は6月末、教職員のメンタルヘルス対策に関する通知を出した。学校での感染のリスクを可能な限り低減しつつ学校運営を進めるに当たり、「教職員は勤務環境や業務内容が通常時とは異なる中で職務に従事しており、そのことが精神的な緊張や心身の過度の負担につながる」と指摘した。

さらに対策として人的体制の整備や、土曜日に授業を行う場合の週休日の適切な振り替えなどを挙げ、メンタルヘルス不調などへの相談体制の充実についても触れた。

同省の調査によれば、教職員の精神疾患による病気休職者数は、直近(2018年度)で5212人に上り、過去10年間にわたり5000人前後と高い水準が続いている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。