【教員のメンタルヘルス】夏休み明けが疲れのピークに

各地の学校が短い夏休み期間に入り始めた。しかし専門家からは、教員のメンタルヘルスの悪化は「夏休み明けが要注意」といった指摘もある。

教員はどのように今年の夏休みを過ごし、新学期をどんな心持ちで迎えるべきだろうか。感染拡大が続く首都圏にある2つの小学校に現場の様子を聞くほか、自身の経験を踏まえ教員の心の健康について啓発する追手門学院小学校講師の多賀一郎氏と、公立学校共済組合九州中央病院の十川(そがわ)博メンタルヘルスセンター長に話を聞いた。
この特集の一覧
Withコロナの学校 教員のメンタルヘルスは今

割り切って、新たな取り組みを
「新しい生活様式」に対応した学校生活が始まった。東京都の杉並区立天沼小学校(松野泰一校長、児童645人)では、毎日午後4時半になると教員全員で15分間の消毒作業を行う。教室や職員室、トイレのドア、昇降口、げた箱近辺――。

消毒をしている間、少しでも楽しい雰囲気になるよう明るい音楽を流すが、本音では「かなり負担を感じている」と松野校長は明かす。作業そのものの大変さより、「いつまで続くのだろうか、という見通しの立たなさ」がつらい。

校庭や階段などの“密”を避けるために休み時間を分けたり、感染リスクの低い行事や避難訓練の方法を検討したりと、新しく考えなければいけない場面も増えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。