【日野田直彦×苫野一徳】学校の役割とは何か?

今回のコロナ危機対応でも教育界をリードする武蔵野大学中学校・高等学校の日野田直彦校長と、以前より教育哲学者として学校教育のシステムを変えるべきだと提言してきた熊本大学教育学部の苫野一徳准教授の対談が、6月28日にオンラインで行われた。教室でのリアルな学びが止まった一斉休校は、これまでの学校教育の問題点を浮き彫りにした。各校では学校再開後も試行錯誤が続いているが、どう教育と学校を再構築すればいいのだろうか。2人の対談から「Withコロナの学校」を巡る課題と具体策について考えていく。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
Withコロナの学校 どう教育を再構築するか?

これまでの学校の目的は「コンテンツの注入」だった
――このコロナ危機によって、学校教育のどのような問題が浮き彫りになったと考えますか?
日野田 公立、私立問わず、問題を抱えていない学校組織はないと思いますが、私は基本的には「日本の教育は悪くない」と思っています。けれども、社会に合わなくなりつつあるのではないでしょうか。

一斉休校中、宿題をドンと出して「家でやってこい」で終わっていた学校も多くありました。このことからも、これまでの学校の目的が「コンテンツの注入」だったということが良く分かります。

1960年代、70年代まではそれでよかったのですが、コンテンツを注入すれば社会課題が解決できるという時代は、もうとっくに終わっているんです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。