【北欧の教育最前線】子供と大人を支援する特別支援学校

インクルーシブ教育を推進するフィンランドでは、特別支援学校が減少している。特別支援を要する子供は、地元の学校の通常学級や特別支援学級で学ぶようになりつつある。一方で全国に6カ所、国立の特別支援学校が配置されている。フィンランドの特別支援学校が果たす役割とは何か、その内容を報告する。

地域学校へのコンサルテーションと研修
ヴァルテリ(特別支援学校の総称)では、さまざまな役割の教員や専門スタッフが働いている。ヴァルテリに定期的に通う子供や、長期で滞在する子供の教育を担当する教員のほか、地域の学校へのコンサルテーションを主な仕事とする教員やスタッフもいる。彼らは、必要に応じて地域の学校に赴き、学校の様子を観察したり、教員への助言を行ったりする。

地域の教員への研修も行っており、その内容はニーズに応じて多岐にわたる。例えば、聴覚障害がある子供を初めて担任する教師が、機材の使い方と手話の研修を受ける。視覚障害がある子供を支援するための研修では、誘導の仕方や、体のどこを触れられると不快でないかなどを理解するため、教員同士が目隠しをして実際に体験する。

フィンランドの教員は自分のニーズに応じて研修を選べ、こうした研修は勤務時間内に受けられる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。