【日野田直彦×苫野一徳】子供の学びの最適化

武蔵野大学中学校・高等学校の日野田直彦校長は、コロナ危機をきっかけに個別最適化の学びへとかじを切った。一方、「文科省から弾力的な通知が出たにも関わらず、“これまで通り”を取り戻そうと躍起になっている学校や自治体が多い」と、熊本大学教育学部の苫野一徳准教授は指摘する。今回のコロナ危機は、これまでの学校教育を変えるきっかけとなるのか。2人の対談からそのためのヒントを探る。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
Withコロナの学校 どう教育を再構築するか?

慣例主義や横並び主義に惑わされないために
――今回、文科省からこれまでとは違う、かなり踏み込んだ通知が出たという印象を持っています。
苫野 日本の教育行政を知るものからすると、今回の通知は非常に弾力的で、ある意味、革命的な内容だと思います。

標準授業時数を死守しなくていい。学習指導要領も弾力的に運用していい。遅れた授業は次々学年まで繰り越してもいい。教科書から学校の授業で重点的に教えるべき箇所を仕分けするということまで、示しています。さらに高校入試の範囲の限定なども含め、ここまでやるかというほどの弾力的な対応をしています。

しかし、なぜか自治体レベルで「いやいや、標準授業時数は絶対死守しなければ」というようなことが起こっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。