【日野田直彦×苫野一徳】もっと学びは楽しくなる

コロナ禍において学校と教育をどう再構築していくべきか、さまざまな視点と実践から話し合った武蔵野大学中学校・高等学校の日野田直彦校長と、熊本大学教育学部の苫野一徳准教授の対談。2人は「学校や学びが変われば、もっと教師という仕事や学びは楽しくなる」と、学校現場にエールを送る。最終回は、Withコロナ時代における教師のやりがいや、今後の自身のビジョンについて。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
Withコロナの学校 どう教育を再構築するか?

教師の仕事はもっとクリエーティブになる
――Withコロナ時代、教員の仕事はどうなっていくと考えますか。
苫野 これまでの150年間、教育がどのようなシステムだったかというと、同じような年齢の子供たちが、みんなと同じことを、同じペースで、同じようなやり方で、出来合いの問いと答えを勉強するものでした。

コロナ禍でますます明らかになったのは、もうこのシステムが機能しないということ、至るところでパンクしているということです。

「みんなで同じことを同じペースで同じところに集めてやる」ことができないと経験した以上、私は、「学びの個別化・協同化・プロジェクト化の融合」に構造転換していくべきだと考えています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。