【ガーナ編】学校の様子と教員の生活スタイル

日本と同じ6-3-3-4制
「ウェゾ(ようこそ)!」

教室の外に並べられた木の机で宿題をチェックしていた教員が、現地語のあいさつとともに、青いペンを握ったままの右手を振り上げながら笑顔で迎えてくれた。

二輪車で、でこぼこ道を走り、村を通り抜け、街中から1時間ほど――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。