【深い学びの源】ICTが教師をアップデートする

新型コロナウイルスによって教育活動が制約を受ける中で、「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)を実現するために、学校にはどのような工夫が求められているのか。北海道で長年、ICTを活用した実践やPBL(Project Based Learning)型のカリキュラム開発に取り組んできた札幌市立発寒南小学校の朝倉一民教頭に、これからの授業づくりに必要な教師の力を聞いた(全3回)。第1回では、新型コロナウイルスによる休校中の取り組みや、ICTによって学校と自身をどう「成長」させたのかにスポットを当てる。
この特集の一覧
深い学びの源

担任以外の教員から始まった授業動画づくり
――4月に教頭として赴任してから、新型コロナウイルスによる休校が続きました。その間、どんな取り組みをされていたのでしょうか。
札幌市は必ずしも学校のICT環境整備が進んでいるわけではありませんが、そうした中であっても、市教委はさまざまな工夫を考えてくれました。

休校中にZoomを使用することが認められ、子供たちの健康観察を直接、顔を見ながらできるようになりました。ただ、使用できる回線の帯域が狭いので、市内の学校が一斉にZoomを始めてしまうとパンクしてしまいます。そのため、地域ごとに曜日を決めて実施しました。

ICT環境も含めて、今、学校現場や教育委員会が大きく変わってきています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。