本田圭佑の未来への投資 「新しい学校」をつくる理由

自分で考えて行動するトレーニングを積む「新しい学校」――。ブラジルのサッカークラブ、ボタフォゴFRで活躍する元日本代表の本田圭佑選手が、オンラインスクール「NowDo」を7月に立ち上げた。中高生ならば月額1ドル(約110円)という低価格で、企業経営者や社会活動家らトップランナーの講義を受けられ、同じ志を持った仲間とつながることができるサービスだ。これまでもイノベーションを創造しようとする企業に投資し、自らもNowDo株式会社を経営する本田選手は、なぜこの新しい学校をつくろうと思ったのか。本田選手の右腕として、さまざまなビジネスを展開する同社取締役副社長(COO)の鈴木良介さんに、本田選手が賭ける教育の可能性を聞いた。

若い力が世界を変えていく
――7月末にNowDoがスタートしましたが、手応えはどうですか。
率直に言って、今の中高生の学びへの感度の高さに驚いています。オンラインスクールではいろいろな世界のプロフェッショナルの講義を連日提供していますが、そこで出てくる質問は大人と遜色ないくらい質が高い。子供たちは自分のやりたいことを見つけようと、敏感に考えているのだということが伝わってきます。

先日、本田が緊急でライブ出演したのですが、地方に住んでいる子が「自分の周りは大企業に入って安定した道を進むことしか考えていない人たちが多く、自分もそのレールから外れるのが怖い」と本音でぶつかっていました。

中高生がオンライン上で議論したり情報共有したりできるコミュニティーでは、早くも「部活動」がいくつも自然発生していて、その一つである「まちおこし部」では早速、省庁も後援しているコンクールへの応募を目指すと言い出しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。