【深い学びの源】新学習指導要領とコロナ危機

新学習指導要領が目指す学びは、「Withコロナの時代」に対応できるのか。長年、ICTやPBL(Project Based Learning)型のカリキュラムを実践してきた札幌市立発寒南小学校の朝倉一民教頭。その視線の先にある、これからの授業づくりと教師の姿とは――。(最終回)

この特集の一覧

「対話的な学び」はできるのか
――学校では、新型コロナ感染防止対策で、グループでの話し合いなど「対話的な学び」ができないのではないかとの懸念が広がっています。

私自身もこれまで、子供同士で対話させたり、計画を立てさせたりする活動をしてきましたが、やはり感染防止を最優先に考えると、そうした「対話的な学び」は難しい状況でしょう。加えて、「学校が再開したらまずは教育課程を少しでも進めないといけない」という意識が出てきてしまって、どうしても教え込みモードになってしまう。教頭の立場としても、非常に悩ましい状況です。

ただ、いつ北海道で第3波や第4波が来るか分からないので、教師たちには「カリキュラムを半分に圧縮して、進められるものを進めてください」と伝えています。「半分」という目安は誰もがイメージしやすいですよね。

教師は単元活動を組み替えたり、減らしたりして、どうすれば半分になるか見通しを立てています。こういう事態なので、「主体的・対話的で深い学び」も大切ではありますが、まずはその学年の学習を網羅できる進め方を最優先に考えています。

一方で、これから求められる資質・能力として、私は子供たちに「自ら学ぶ力」を付けさせたい。家庭の中で、自分自身で学習計画を立てて進めていく。そういうノウハウを、学校が開いているうちに子供たちに伝えたいと思っています。

朝倉教頭は「これからは子供が自ら学ぶ力が問われる」と指摘する(Zoomで取材)

もしまた休校になったら、学校のホームページに時間割や学習内容を出して、子供たちが自宅でそれを見ながら主体的に学んでいく。そういうシステムを構築したいんです。

教師も保護者も「プリントを渡さないと、子供には勉強をさせられない」といった受け身的な感覚のままでは、子供の学びにとってブレーキにしかなりません。このコロナ危機で、改めて気付くことができました。

――休校となったときの「対話的な学び」をどうやるかも課題ではないでしょうか。

「Zoom」を使ったオンラインツールを子供たちが体験して、保護者も理解が進んできました。今後、家庭のネット環境が改善されれば、この問題もかなりの部分が解決するのではないかと思います。例えば、子供同士がZoom上でつながりながら宿題をやったり、何か相談をしたりすることが日常的になるかもしれません。

すでにオンラインゲームに親しんでいる子供たちは、ボイスチャットでのやり取りなど、ICTを使った対話に慣れています。そういう活動が遊びだけでなく、学びにもシフトしていくと面白いですね。

休校中、教師が自宅に電話をかけると「どうして先生の顔が映らないの?」と聞いてくる子供がいたそうです。普段から、テレビ電話で祖父母と会話をしているのかもしれません。学校側が考えるよりも子供たちの環境は変わっているし、時代も進んでいる。気が付いていないのは教師だけなのかもしれません。

新学習指導要領が目指す学びの必要性が立証された
――新学習指導要領が目指している学びは、果たしてWithコロナの時代に対応できるのでしょうか。

難しい質問ですね。確かにこのような状況では、新学習指導要領が告示されたときに想定していた「主体的・対話的で深い学び」は、すぐにはできないかもしれません。

しかし、新学習指導要領の根底にあるのは、答えのない問いに対して子供たちがどう関わっていくか。予測できない未来に対して、どういう資質・能力を身に付けていけば立ち向かえるのかということです。それがまさに今、到来してしまった。

そうなった以上、さまざまな制約条件の中で解決に向けて毎日考え続けるしかありません。教師自身も含めて、毎日がアクティブ・ラーニングです。ある意味で、新学習指導要領が目指す学びの必要性が、いや応なく、このコロナ危機で立証された気がします。

教科書に載っていることを覚えるだけでは何の役にも立たない。自分で解決する力を身に付けなければならない。そうした現実を大人が痛感させられたと言えます。

ナショナルスタンダードとして学習指導要領が位置付けられている一方で、教育課程の編成は各学校に任されています。その意味では、学校も試されていると思います。「Withコロナ」に対応して、教育課程をどのように構成するか。教育委員会単位で一律に動くのではなく、校長が中心となって学校が独自に判断しなければいけなくなっています。

――休校によって授業ができない事態になり、改めて教師の役割も問い直されたと思います。

私自身は授業をしたり担任を持ったりする立場ではないので、今はまず、人を育てることに力を注ごうと思っています。こういうピンチの中で、教師が主体的に考えて、アイデアを形にしていけるようにする。そのために、自分は何ができるだろうかと毎日考えています。

コロナ危機にどう対応するか、学校が試されていると語る朝倉教頭(Zoomで取材)

学校の教師が教育のプロたるゆえんは、やはり教えるスキルにあると思うのですが、今回のような事態に直面したとき、ICTについていけないと、教師としてやっていけません。コロナ危機で、そういう部分が露呈したのは確かです。

「GIGAスクール構想」で1人1台環境が現実のものとなる以上、教師が授業や校務でICTを活用できるよう、スキルやリテラシーを育てなければいけないと思います。

例えば、これまでは短い間だけ、校内に掲示していた子供の作品も、ネットで日本中の学校がつながれば、いろいろな人が時間と空間を超えて見ることができ、交流が生まれます。学びが広がっていくことにこそ、1人1台の本当の価値がある。そういう授業づくりを教頭としてサポートしていきたいですね。

例えば、子供たちがタブレット端末を持ち帰って、地域のことを調べたり、疑問に思ったことをすぐに専門家に質問したりする。そういう活動が自然にできるようになれば、それこそまさにPBL。ICTを使って、社会も地域も学校になり、子供が自ら解決すべき道筋を探していける、そういう時代がやって来ます。

その一方で、一軒一軒に電話し、じっくりと子供の声を聞こうとする教師の姿も大事にしたい。単に子供の健康状態を確認するだけなら、学校のホームページにフォームを設けて、回答してもらった方がはるかに効率的です。

しかし、子供を預かる教師としては、やはり子供の声を直接聞きたい。できることなら顔も見たい。Zoomのようなツールを使えば、それらの問題が解決できる。そういった形で、ICTへの理解が広まればいいなと思います。

(藤井孝良)

【プロフィール】

朝倉一民(あさくら・かずひと) 札幌市立発寒南小学校教頭。1972年、北海道札幌市生まれ。専門は社会科。ICTを活用した教育活動やPBLの実践、NIEなどに長年取り組む。「Intel Master Teacher」としても活躍。著書に『主体的・対話的で深い学びを実現する! 板書 & 展開例でよくわかる 社会科授業づくりの教科書』『子ども熱中!小学社会「アクティブ・ラーニング」授業モデル』(ともに明治図書出版)。座右の銘は「初心忘れるべからず」。


関連
この特集の一覧

あなたへのお薦め

 
特集