【コロナと部活動】新しい高校ラグビーの創造

新型コロナウイルスへの感染防止対策で、学校が再開しても練習や対外試合の制限が続く部活動。中でもタックルやスクラムなどの身体接触を伴うラグビーは、これまで通りの練習を行うことが困難な状況に置かれている。そんな中、選手の主体性を重視したラグビーで全国的に知られ、昨年度の第99回全国高校ラグビー大会に出場した静岡聖光学院中学校・高校(星野明宏校長、生徒473人)では、オンラインを活用した「エアラグビー」でチームワークを強化。同校教諭の佐々木陽平監督は「これまでで一番コミュニケーションができるチーム」と自信をにじませる。佐々木監督に、その練習の秘訣を取材した。


同時双方向で自宅からプレーするエアラグビー
Zoomの画面上には、自宅でボールを用意した30人ほどのラグビー部員の面々が映っている。合図とともに一斉に走る仕草をすると、すぐさま一人の選手がボールを持ち、仲間の選手の名前を大声で呼んでパスを出すモーションをする。すると今度は名前を呼ばれた選手がボールを持ち、パスする相手の名前を叫ぶ。味方からも相手からも、指示や戦況を伝える声が次々に飛び交う。

エアラグビーは、今、どのようなプレーが進行しているかを頭の中でシミュレーションする練習法だ。これならば、グラウンドに集まらなくてもオンライン上でできる。

3月から休校となった同校では、ちょうどタブレット端末の生徒1人1台環境が整備されたこともあり、静岡県内でもいち早くオンライン授業に乗り出した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。