【木村泰子×井本陽久】教師が抱える無力感の正体

新型コロナウイルス感染症を巡り混乱を極める学校現場。「学校とは?」「教師とは?」「学びの保障とは?」と日々、自問する教員は多い。教育新聞では7月25日、大阪市立大空小学校元校長の木村泰子氏と、私塾「いもいも教室」を主宰するイモニイこと井本陽久氏を招き、オンライン対談を開催。両氏と共に、コロナ禍で見えてきた日本の学校教育の矛盾に迫った(全3回)。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
先生って何だろう?

今の学校は主語が教師に
――コロナ禍における学校教育を、どのように見ていましたか。
木村 子供たちは訳が分からない中で、ある日突然「学校に来るな」と言われました。私自身も3月以降、大阪から一切出ていませんし、講演もキャンセルやオンラインへの切り替えが相次いでいます。そうした状況の中で、とにかく子供たちのことが心配で、いろいろと考えました。

例えば小学6年生は、卒業までの最後の1カ月間を経験できず、とても不安なまま中学校に進み、全くどうなるか分からない中で中学生活に突入してしまいました。中学1年生が一番手厚いフォローが必要なはずなのに、「中学3年生の入試があるから」などの理由で、一刻でも早く登校を再開させようとする動きが出てきました。

そうした状況の中、現在の中学1年生が置いてきぼりにされているようで、これはどう考えればいいのだろうかと悩みました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。