全国学力テストの失敗 「指導に役立てるため」のわな

開始から10年以上が経過した全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)。今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったものの、中学校での英語実施やCBT(コンピューター使用型調査、Computer Based Testing)の検討などが進められている。そのような中、文科省の「全国的な学力調査に関する専門家会議」の委員でもある川口俊明福岡教育大学准教授は、現状の全国学力調査の問題点を指摘した著書『全国学力テストはなぜ失敗したのか』(岩波書店)を9月に出版する。川口准教授は全国学力テストが「失敗」した背景として「学校現場が指導に役に立つものを求めてきた側面がある」と指摘する。

理論に基づかない全国学力テストの欠陥
――全国学力テストが「失敗」であると考える理由は何ですか。
現在の全国学力テストには、明文化されていないものを含めて、いろいろな目的があると考えられます。競争させることで学力を上げようとしたり、教育政策のために使おうとしたり、指導の役に立てようとしたり。しかし、このいずれの目的も達成できていません。

その理由は、現状の全国学力テストが科学的な大規模学力調査の方法論に基づいたものではなく、何の学力を測ろうとしているのかさえ、はっきりしないという欠陥を抱えているからです。

全国学力テストは全国の小学6年生と中学3年生のほとんど全員が受ける悉皆(しっかい)調査ですが、大規模学力調査は抽出調査が基本で、悉皆調査をするとさまざまな問題が生じます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。