分身ロボットがもたらす学び オリヒメから見える新世界

障害などにより外出が困難な人に、社会参画の機会を広げるツールとして注目される分身ロボット「OriHime(オリヒメ)」。最近では学校に導入され、まるで教室に本人がいるかのような形で遠隔授業を行うケースも出始めている。分身ロボットを活用した特別支援学校での遠隔授業の取材から、学校教育の新たな可能性が垣間見えてきた。

分身ロボットが新しい仕事をつくる
「いらっしゃいませ。分身ロボットカフェへようこそ」――。新型コロナウイルスの国内感染が広まる前の今年1月、東京・渋谷のスクランブル交差点を見下ろすビルの最上階に上がると、白いマネキン人形のような機体を持つオリヒメが迎えてくれた。

ここは、オリヒメを開発したオリィ研究所が期間限定でオープンした「分身ロボットカフェ」。全国各地のロボット操縦者(パイロット)がオリヒメを操りながら、飲み物を運んだり、会話したりする。最先端のテレワークの、社会実験の場だ。

学校や企業向けに提供されているオリヒメは、重さ660グラム、高さ23センチ、幅17センチの、机の上に載るコンパクトなロボットだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。