【北欧の教育最前線】放課後活動は楽団からピカチュウまで

北欧の子供たちは放課後をどのように過ごすのか。日本のクラブ活動や部活動に相当するものはあるのだろうか。北欧諸国の放課後活動の様子を3回に分けて見ていきたい。初回は、ノルウェーの“文化部的活動”を紹介する。

地域に根差した学校吹奏楽団
ノルウェーの建国記念日(5月17日)は晴れやかなお祭だ。街ではパレードが行われ、民族衣装を着た人々が国旗を振る。イベントに華やかさを添えるのが、地元の学校吹奏楽団による演奏だ。ユニフォームを着た子供たちが楽器を吹き、バトンを回して街中を練り歩く。

学校吹奏楽団(skolekorps)といっても学校の中にある組織ではなく、地域の団体だ。運営は保護者がボランティアで行い、演奏の指導者や指揮者を招いたり、楽団旅行を企画したりする。メンバーは年会費を払うが、指導者への謝礼や楽器代、旅費はバザーなどを企画して、ファンドレイジングでも稼ぐ。

学校吹奏楽団に親子で代々参加してきたムーナ・エクロさんは「楽器はうまくなかったけれど、休み時間に友達とおしゃべりしたことや、外国に楽団旅行に行ったのが楽しかった」と当時を振り返る。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。