【教育の地図を広げる】オンライン授業への挑戦

新型コロナウイルスによる休校中、公立高校ながらいち早くオンライン授業をスタートさせた静岡県立掛川西高校。そのキーパーソンとなった吉川牧人教諭に、地方の高校がICTによって地域や世界とつながることの価値について聞いた(全3回)。第1回では、同校のオンライン授業への挑戦を通して、吉川教諭が感じた学びの変革に着目する。
この特集の一覧
教育の地図を広げる

教員がICTを自然に使うようになった
――休校期間中、全授業で動画配信を実現しましたが、学校が再開した今、改めてどのようなことを感じていますか。
学校が再開し、平常通りの授業が行われているので、時間割を組んで動画配信をする取り組みはいったん終了しています。しかし、今行われている授業を私が見た限り、ほとんどの教員が何かしらの形でICTを使うようになりました。

以前は、ICTの利点が分かっていても、研究授業などの特別なときにしか使うことがなく、ある意味で意気込んだ形でICTを活用していました。それが、全ての教員がオンライン授業に挑戦した結果、自然にICTが使われるようになりました。
――ICTを使うことに抵抗感のある教員も多いと思います。
教員がなかなかICTに手を出さない理由として、最初の準備に時間がかかったり、授業中にトラブルが起こると焦ってしまったりということがあると思います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。