未来の学校モデルを創造する 東京学芸大の新プロジェクト

未来の学校はどんな姿をしているのだろうか――。東京学芸大学は8月、東京都文京区の竹早地区にある附属校をフィールドに「未来の学校みんなで創ろう。PROJECT」を始動させた。さまざまな企業が教員とタッグを組み、最先端の技術を駆使したユニークな実証実験を行うと同時に、自治体と連携して公立学校に展開可能なモデルにすることも視野に入れている。プロジェクトを主導する松田恵示東京学芸大学副学長に、プロジェクトを通じて創造しようとしている「未来の学校」の姿を聞いた。

社会実装を前提に学校の生態系を変える
――今回のプロジェクトを立ち上げたきっかけは何でしょうか。
昨年9月ごろから準備を始めてきましたが、このプロジェクトの背景には大きく二つの流れがあります。一つは、これまで竹早地区の附属校が、幼・小・中の連携教育の研究を長年積み重ねてきたことです。その中で、個人に焦点を当てた学習支援や指導、主体性や個性を生かした教育活動が重視されるようになってきました。

もう一つは、Society5.0によって技術革新が進む社会に、学校教育がどう対応するかという課題です。近年は非常に社会的ニーズが強くなっていて、東京学芸大学でも昨年、大学院を改組して、教育系の大学では国内で初めて、AIをテーマにした大学院の専攻「教育AI研究プログラム」を設置しました。

大学全体として、ICTやAIによる教育革新を進めている中で、具体的にこれらの最先端技術の社会実装を前提に、教育研究や教員養成、研修を進めようとすると、やはり積極的な意味での実験校、ショールームのような学校を持たなければいけません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。