高校生が考えるコロナと差別 自由学園の意志

学校での新型コロナウイルスの感染が各地で起こる中、感染者に対する差別をなくすためにどうすればよいかを高校生が自分事として考える取り組みが、自由学園男子部中等科・高等科(更科幸一部長、生徒215人)、同女子部中等科・高等科(佐藤史伸部長、生徒227人)で行われている。高校生が中心となって「社会ではなぜ差別が生まれてしまうのか」を徹底的に突き詰め、「学校の中で感染者が出たとしても、差別は絶対に出さない」という強い意志を行動に変えようとしている。活動の中心である「コロナ禍の私たちの社会を考える会」のメンバーに話を聞いた。

学校での感染、他人事ではない
新型コロナウイルスの影響で、同校は2月末から休校を続け、2学期が始まる8月24日になって、ようやく再開した。この間、感染第2波により各地の学校で子供や教員の感染が報道されてきたが、中でも島根県松江市にある立正大学淞南高校の寮で起こった大規模なクラスターと、それをきっかけにした誹謗(ひぼう)中傷は、寮生活をする同校の生徒にとって他人事ではなかった。

「学校が始まったら、うちでも感染者が出ることはあるよね」という更科部長の一言を誰よりも重く受け止めていたのが、男子部委員長(生徒会長に相当)を務めていた濱田祐輔さん(3年生)だった。

濱田さんは休校中、オンライン昼食会や登校日のレクリエーション活動を企画するなど、自宅にいる生徒たちをつなぎ、気持ちをくみ取ることに腐心してきた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。