【寄り添い、つながる】オンライン活用の未来地図

子供たちとつながり、子供たちに寄り添う――。コロナ危機という未曽有の事態においても、学校と子供たちの信頼関係を強固に築いたのが、埼玉県越谷市立新方小学校の田畑栄一校長だ。同校には4月に赴任したばかりにもかかわらず、始業式の翌日から子供たちとZoomを使った双方向のやりとりをスタート。他校が足踏みをする中、なぜスピード感のある対応ができたのか。オンライン活用に至るまでの経緯を聞くとともに、田畑校長が描くオンライン活用の未来地図に迫った(全3回)。
この特集の一覧
子供たちに寄り添い、つながる

始業式翌日からZoomを活用
――新方小学校には4月に赴任されたばかりです。コロナ禍での赴任は大変なものがあったと思いますが、すぐにオンラインを始めたそうですね。
3月に一斉休校となってから、これからは「困難に負けない『自律』を育む教育と、遠隔授業の導入・活用」が両輪となると考えました。ですから、4月から自分がどこの学校に赴任しようが、遠隔授業はやろうと思っていたのです。

コロナによる突然の休校で、「子供が学校に来られない」状態になりました。そんな状況でも課題を自分で見つけられて、自分を律することができる子供を育てなくてはいけません。また、学校は「一定の場所において子供と継続的に関わり続けるところ」だったのに、そうではなくなってしまったわけです。それをつなぐためには、遠隔ツール、例えばZoomなどを活用した遠隔教育しかないと考えました。

私はラッキーなことに、昨年8月に東北福祉大学の上條晴夫教授に誘っていただき、Zoomでのオンライン読書会を経験していました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。