【葉一×グローバルティーチャー】ICT教育の脆弱性

教育系YouTuberのパイオニア的存在の葉一氏と、教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」のファイナリストである髙橋一也氏(工学院大学附属中学校・高等学校ラーニング・マネージャー)、堀尾美央氏(滋賀県立米原高等学校総務課主任)、正頭英和氏(立命館小学校教諭)が、オンライン教育の在り方や今後の学校教育について考えた座談会が、7月18日にオンラインで行われた。学校現場は今後の学びの選択肢の一つとして、オンライン教育にどう向き合い、取り組んでいくべきなのか――。第1回は見えてきた問題点や、オンライン教育の特性について語り合った。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
葉一×グローバルティーチャー With / Afterコロナ時代のオンライン教育

浮き彫りになったICT教育の脆弱(ぜいじゃく)性
――今回、コロナ禍で日本のICT教育の脆弱性が指摘されましたが、実際に学校現場ではどのような問題点が表出していたのでしょうか。
髙橋 本校は都内の私立校で、早くからICTを進めてきていたこともあり、インフラ面ではあまり問題は感じませんでした。

しかし、急な休校によってリアルな教育からオンライン教育への転換を強制的に準備せざるを得なくなってしまったため、「オンラインの教え方が分からない」という問題はありました。

これまで日本の教育自体が教授法をあまり重要視してこなかったことが、今回のコロナ禍で浮き彫りになっているのではないかと感じています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。