【北欧の教育最前線】「ゲットー」と地域スポーツクラブ

北欧諸国の放課後活動の様子を3回に分けて紹介するこのシリーズ。第2回は、デンマークの“運動部”的活動を取り上げる。デンマークでは多くの子供たちが地域スポーツクラブに通っている。男子にはサッカーやハンドボール、女子には水泳や体操などが人気だ。地域スポーツクラブは全国に約1万6000あり、3割の国民が会員となっている。スポーツ政策の要であると同時に、社会統合の重要な立役者でもある。

市民からエリートまで
デンマークは国際大会でメダルを獲得できる選手輩出の「効率性」が高い。独立行政法人「チーム・デンマーク」は、国際レベルの優秀選手育成環境を持つ自治体を選定し、地域スポーツクラブや教育機関と連携して育成に取り組んでいる。

例えば、その地域の学校に特別クラスを設置したり、高校にスポーツアドバイザーを置いたりして、競技出場のために欠席が多い生徒たちが助け合う取り組みや、在学期間の延長などを行っている。また、優秀選手が所属する地域スポーツクラブには、自治体から強化費が出ることもある。

優秀選手の多くは、地域スポーツクラブを基盤とした育成を受けながら、エリート選手になっていく。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。