【寄り添い、つながる】不登校やいじめは防げる

コロナ禍では日本の教育の脆さが浮き彫りになり、これまで以上に問題行動や不適応が増えるのではないかと不安視されている。かねて自殺や不登校、いじめ、うつなどの予防教育に取り組んできた埼玉県越谷市立新方小学校の田畑栄一校長へのインタビュー2回目では、一斉休校以降、同校がどのような対策に取り組んできたのかと、2学期からの新たな対策について聞いた(全3回)。
この特集の一覧
子供たちに寄り添い、つながる

学校再開時も2学期始業時も全児童が登校
――以前より取り組まれている予防教育について伺いたいと思います。6月の学校再開時も、2学期のスタート時も、新方小学校では全児童が登校したそうですね。その要因をどのように捉えていますか。
長期の休校中は、例えば保護者が経済的に破綻する、仕事に行けなくてイライラして子供を虐待する、自粛が続いてうつになってしまうなど、家庭環境や子供自身の変化をとても心配していました。だからこそ、さまざまな方法で「学校は待っているよ」というメッセージを送り続けてきました。

6月の学校再開時は、児童の中には生活リズムが狂って学校に来ない子もいるだろうと思っていました。全員が登校できたのは、各家庭が子供たちの心身のケアをしてくれていたからというのが一番です。本校のある地域は3世代家族も多く、それがプラスに働いた側面もあったかもしれません。

学校側の要因を挙げれば、一つは、始業式に「この休校をとっておきの時間にしよう」と呼び掛けたことです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。