【ジブチ編】世界一暑い国の教育事情

暑さが学校に与える影響
「世界一暑い国」「夏の最高気温は50度を超えることも…」。インターネットで調べると、ジブチはこのような言葉で説明されていた。実際に空港に降り立ったときの、あの「ムッ」とした暑さ、まるでサウナの中にいるようなあの暑さが忘れられない。「これから約2年間、自分はここで生活していけるのだろうか」と不安になったのが、今でも思い出される。

私はここジブチで、JICA海外協力隊として約1年9カ月間活動した。ジブチは、私にとって初めて足を踏み入れたアフリカの地であった。言語、文化、宗教、気候、生活環境など、日本とは異なる場所での生活は大変刺激的なものであり、驚愕(きょうがく)することの連続だった。

ジブチの学校の各教室には、天井にバンテラと呼ばれる扇風機のようなものが設置されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。