【ウスビ・サコ氏に聞く】日本の学校教育に感じる違和感

日本は大人が子供の未来を決めてしまっているように見える――。日本で初めてアフリカ出身者として学長となった京都精華大学のウスビ・サコ学長。西アフリカのマリ共和国で生まれ育ち、高校卒業後は中国の大学に留学して、日本へ。これまで言葉や文化の壁にぶつかりながらも、常に自らと向き合いながら歩んできたウスビ・サコ学長は、日本の教育をどのように見ているのだろうか。インタビューの1回目は、学校教育に対する違和感について語ってもらった(全3回)。
この特集の一覧
日本初のアフリカ出身学長 ウスビ・サコ氏(京都精華大学)に聞く 日本の学校教育への提言

社会のニーズに教育を合わせている
――日本の学校教育をどのように見ていますか。
一見したところ、学校の組織やシステムが整っており、子供たちはある程度、恵まれているように感じます。しかし、教育課程の内容を細かく見ていくと、学年が上がれば上がるほど、子供の個性を抑圧しているように見受けられます。

つまり、子供たちにとって負担がどんどん大きくなる学校教育なのではないかと、私には映っています。
――子供たちの負担が大きくなるとは、具体的にはどのような点で感じますか。
日本では文科省が定める学習指導要領が大きな影響力を持っており、そのために学年が上がるにつれて子供たちに求められるものが増えていきます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。