【葉一×グローバルティーチャー】未来の学校の姿とは

With/Afterコロナ時代のオンライン教育をテーマに行われた、教育系YouTuberの葉一氏と、教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」のファイナリストである髙橋一也氏(工学院大学附属中学校・高等学校ラーニング・マネージャー)、堀尾美央氏(滋賀県立米原高等学校総務課主任)、正頭英和氏(立命館小学校教諭)によるオンラインでの座談会。第2回はオンラインを活用することで見えてきた、これからの学校や教員の在り方について語り合った。全3回。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧

    葉一×グローバルティーチャー With / Afterコロナ時代のオンライン教育

    東京と滋賀をオンラインでつないだ合同授業
    ――コロナ危機による休校中に、オンライン授業を行った学校もありました。オンライン教育を経験した子供たちの学びは、どう変わったと感じていますか。
    髙橋 今回のコロナ危機で、子供たちが勉強や学びについて考える機会がより増えました。今までは学校というコミュニティーにしか所属していなかった子供たちが、インターネット上の緩いコミュニティーの中で、お互いに勉強し合うことも経験したわけです。

    実は先日、堀尾先生の学校と私の学校をオンラインでつなげて、英語の合同授業を行いました。企画から運営、評価まで全て生徒がやりました。

    ICTの脆弱(ぜいじゃく)性により100%成功したとは言えなかったのですが、これがかなり面白くて、生徒のモチベーションが高まり、とてもいい授業ができました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。