【ウスビ・サコ氏に聞く】空気さえ読めていない若者

日本で初めてアフリカ出身者として学長となった京都精華大学のウスビ・サコ学長。グローバル教育の鍵として「多様性」を挙げ、「お互いの違いから学び合おうという姿勢」の重要性を強調する。しかし一方、みんなが一緒に同じように学ぶ日本では、「小さな違いが認められていない」とも指摘。グローバル化する社会を生きるためには、学校教育の何を変えるべきなのか、インタビュー2回目はその具体策を聞いた。(全3回)
この特集の一覧
日本初のアフリカ出身学長 ウスビ・サコ氏(京都精華大学)に聞く 日本の学校教育への提言


「小さな違い」を認め合おう
――日本の学校教育では今、多様性を学ぶことやグローバル教育の必要性が問われています。サコ学長は、これらの本質的な意味をどう捉えていますか。
教育では、理論的に教えられるものと、教えられないものがあります。「多様性」については、理論で教えられるようなものではないと、私は思っています。

学校生活ではいろいろな人と関わり合ったり、友人と共にさまざまなことを経験したりしながら学んでいきます。同じ学校、同じクラスでも「あの子とは考え方が違うな」とか、「あの子はこんな風に考えるんだ」とか、小さな違いに気付いていくのです。

そうした小さな違いこそが、実はその人の特徴や個性です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。